アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

アスクレピオス診療院 ブログ

blog

SGLT2阻害薬の解説 - 作用機序、副作用、薬の一覧、心不全・腎保護・体重減少などの多面的効果まで

SGLT2阻害剤とは

 
SGLT2阻害薬は、日本では2014年から使われている比較的新しい薬です。
 
尿中に糖分(グルコース)が漏れる事により、血糖降下作用を発現します。
 
血糖の改善だけでなく、体重減少、血圧低下、糖尿病性腎症の保護作用、心血管疾患・心不全リスクの低減作用など、さまざまな多面的効果が報告されています。

SGLT2阻害薬と1型糖尿病(保険適応と効能の解説)

1型糖尿病とSGLT2阻害薬(白い鳥)

 
SGLT2阻害薬は、血糖降下作用だけでなく、体重減少作用、心疾患リスク低減、腎保護作用などさまざまな利点をもつ薬です。
 
血糖降下作用は、尿糖が増える事により生じるため、インスリン作用を介しません。
 
そのため、SGLT2阻害薬は、1型糖尿病患者にも効果が望めます。
 
1 2 3 4