アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

糖尿病内科のイメージとは?

糖尿病内科のイメージとは?

公開日: 2019年9月27日

最終更新日: 2019年10月20日

 
糖尿病内科のイメージってどんなものなんでしょうか?
 
医学生からみたイメージだと、カルテを正確に細かく書いているイメージですかね(笑)
 
たぶん、糖尿病代謝内科の先生のカルテは、細かく問診がとってありますので。
 
先生のイメージとしては、病院だと、糖尿病内科は、消化器内科や循環器内科とは違って、急性疾患が少なく、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病といった慢性疾患を主に診察するので、温厚な先生が多い気がします。
 
また、病院勤務だと、自分の外来に糖尿病で通院している方が、肺炎等になったときには呼ばれることはありますが、他の内科よりも緊急のコールは少ないです。
 
緊急呼び出しの疾患としては、糖尿病性ケトアシドーシス、高血糖公浸透圧性昏睡、甲状腺クリーゼぐらいですか。
 
糖尿病内科は、内分泌代謝内科も兼ねていたことが多いですね。
 
テレビドラマとかだと、循環器内科だと、
 
総合病院の救急外来にて、
 
ナース「先生、緊急で心筋梗塞の患者が入りました。どうしますか?」
 
循環器のドクター「これから、すぐに心臓カテーテル検査をするから準備してくれ。」
 
などの活劇が作りやすいのですが、
 
糖尿病内科の扱う疾患は、長期間のスパンで診療するものが多いため、テレビドラマには不向きそうですね。
 
患者さんからみた糖尿病内科のイメージってどんな風なんのでしょう?
 
一度、アンケート調査をしてみても良いかもしれません。
 
「愛知県在住の2000人に聞きましたあなたが思う糖尿病内科のイメージとは?」
 
たぶん、これまでに誰も聞いたことがないので、どんな答えが返ってくるか楽しみです。
 
関連記事
 
愛知県・名古屋市の糖尿病専門医 - 糖尿病専門医の人数は全国で何人?
 
愛知県・名古屋市の糖尿病内科(糖尿病専門医在籍)一覧
 
→ 「糖尿病内科 in 名古屋」の記事一覧
 
名古屋糖尿病内科「アスクレピオス診療院」のホームへ
 


 
記事が良かったと思う方は、
B!を押して応援して頂けると嬉しいです。