アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

生活習慣病

Medical

生活習慣病

糖尿病
血液中のブドウ糖の濃度を示す血糖値が、適正範囲を超えて慢性的に高い状態のことで、それに伴い、さまざまな合併症が生じます。免疫細胞が、血糖値をコントロールするインスリンを分泌している細胞を破壊するなどして10代で発症することが多い1型と、肥満が引き金となって起こることが多い2型に分かれます。
2型糖尿病は糖尿病全体の9割を占め、代表的な生活習慣病の一つです。国の調査によると、予備軍を含め糖尿病が疑われる人は2000万人にのぼります(2016年)が、自覚症状がほとんどないため、気づかないまま生活している人や、治療を途中でやめる人が多いのが実情です。 多くは、糖尿病になりやすい体質の人が、食事をはじめとした糖尿病を発症しやすい生活習慣を続けることで発症します。特に注意しなければならないのは肥満です。肥満になると、インスリンの働きが悪くなります。このため、予防の第一は食べ過ぎ飲みすぎを防ぎバランスのいい食事をとることと適度な運動。そして禁煙です。糖尿病患者の治療でも、食事療法と運動量法が中心になります。また、1型だとインスリン注射は必須ですし、2型でも進行すればインスリン注射を行います。
血糖値が高くなると、のどが乾いたり多尿になったりしますが、怖いのは数年を経て発症する合併症です。代表的な合併症には、糖尿病性神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症があります。神経障害は手足のしびれや感覚のまひ、便秘や下痢、たちくらみなどを起こします。網膜症は網膜に出血が起きて視力が低下。進行すると失明の恐れがあります。腎症は最終的には腎不全となって、人工透析が必要になります。
このほか、糖尿病は動脈硬化の進行を早めて心筋梗塞や脳血管障害のリスクを高め、微細な血管が詰まって栄養が行きわたらなくなることによって足の壊疽などを引き起こします。
高血圧
血圧には最高と最低の2種類があります。心臓が収縮して血液を送り出す時の圧力は最高となり、収縮期血圧と呼ばれています。一方、心臓が拡張して血液が心臓に戻ってくる時は最も低くなるので、最低血圧イコール拡張期血圧となります。家庭で測定した時で、最高135mmHg、最低85mmHg、診察室での測定では、最高140mmHg、最低90mmHgを超えると高血圧と診断されます。高血圧状態が続くと、動脈硬化から、脳出血、脳梗塞、大動脈瘤、心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まります。

>> 高血圧症って、どんな病気? ー 高血圧症入門

脂質異常
血液中の脂質が基準より多い、もしくは少ない状態が脂質異常症です。具体的には、悪玉(LDL)コレステロールが140mg/dl以上、善玉(HDL)コレステロールが40mg/dl未満、中性脂肪が150mg/dl以上のいずれかに該当する場合、脂質異常症と判定されます。以前は高脂血症と呼ばれていましたが、善玉(HDL)コレステロールは少ない場合が異常なので、脂質異常症となりました。自覚症状がない疾患なので、サイレントキラーと呼ばれたりします。血管がダメージを受け、動脈硬化が進んで、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。食生活や飲酒の習慣が直接的な原因となりますが、遺伝的な要素も含んでいます。

>> 高脂血症(脂質異常症)ってどんな病気? ー 高脂血症入門

ご興味のある方は、下記より生活習慣病をはじめとするコラムをご覧いただけます。

>> アスクレピオス診療院ブログ「糖尿病内科 in 名古屋」の記事一覧へ