アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)って何? 2020年修正

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)って何? 2020年修正

公開日: 2019年10月4日

最終更新日: 2020年1月3日

 
HbA1cって何?
 
急に言われて答えられる方は稀だと思います
 
健康診断の結果説明や、通院している時に
 
「前回の健康診断のHbA1cは、7.0%と高いですね。一度、糖尿病の精密検査をしましょう。」
 
「今日のHbA1cは、6.0%です。良いですね。この調子で治療を続けてください。」
 
「今日のHbA1c ・・・ 9.0%ですね。大分上がっていますよ。最近、間食は増えてないですか?」
 
などと説明される事があります。
 
このように、糖尿病の治療で参考にしているHbA1cですが、
 
HbA1cって何なのでしょうか?
 
今回は、この「HbA1c」について
 
糖尿病の勉強を始めようと考えている方
最近、糖尿病と診断された方 に向けて
 
分かりやすく解説します。
 
HbA1cの説明(空と緑)
 
 
 

 
 
 
 

HbA1c(ヘモグロビンA1c)って何? ー HbA1cは糖化したヘモグロビン

 
HbA1cは、ヘモグロビンエーワンシーと読みます。
 
はじめに、ヘモグロビンについて解説します。
 
ヘモグロビンは、血液中の赤血球に含まれているタンパクの一種です。
 
主に、鉄でできているヘムと、たんぱく質でできているグロビンの2つの成分でできています。
 
ヘモグロビンは、酸素と結合する性質があり、肺で取り込まれた酸素を、全身の細胞に運搬する役割を担っています。(1)
 
このヘモグロビンは、酸素だけでなく、糖分(ブドウ糖・グルコース)とも結合しやすい性質をもっています
 
血液中のヘモグロビンに、糖分が、がっちり安定して結合したものは、糖化ヘモグロビンと呼ばれます。(2)
 
ヘモグロビンにはたくさんの種類があり、
糖化ヘモグロビンの中でも、
 
ヘモグロビンのβ鎖のN末端にグルコースが結合したヘモグロビンを
HbA1cと呼んでいます。

 

ヘモグロビンと酸素

赤血球のヘモグロビンは、酸素と結合します。
ヘモグロビンが糖分と結合すると、
HbA1cができます。


 
 
 
 

HbA1cと血糖の関係

 
 

HbA1cは、過去2~3カ月の血糖値と相関する

 
HbA1cは、糖分が安定して結合したヘモグロビンという事を説明しました。
 
では、なぜ、HbA1cを、糖尿病の診断や治療の際に、測定しているのでしょうか?
 
それは、HbA1cは、長期(過去2~3カ月)の血糖値の平均値と相関するからです。(3)
 
ヘモグロビンは、血液中の赤血球に含まれ、
 
血液中の糖分(グルコース)の値が多くなると、ヘモグロビンにも、より多くの糖分がくっつきます。
 
そして、時間とともに、ヘモグロビンに糖分が結合していきます。
 
(このために、HbA1cは平均血糖値と相関します。)
 
しかし、赤血球には寿命があり、骨髄で作られた後に、120日間経つと壊されます。(4)
 
(HbA1cが過去2~3カ月の間の血糖値を反映する理由です。)
 
以上のことから、HbA1cは、過去2~3カ月程度の平均血糖値を反映します。
 
血糖値は、食事を食べると、食事中の糖分の影響を受け、上下する一方で、
 
HbA1cは、長期間の血糖値を反映する上に、一日の中でいつ測定しても数値は変わりません。
 
使い勝手が良いですね。
 
→ 糖尿病ってどんな病気? の記事
 
 

HbA1c 7%の平均血糖値ってどのくらい?

 
次に、HbA1cと血糖値の関係を見てみましょう。
 
健常の方の血糖値は、食前・食後ともに、100mg/dl前後に維持されています。
 
これが、糖尿病になると、徐々に食後の血糖値から上昇していきます。
 
次の図は、米国・欧州・アジア・アフリカの11か所の国際センターで、1型糖尿病、2型糖尿病、健常者の方の一日の平均血糖値とHbA1cの関係を調べたものです。
 

HbA1cと平均血糖値は相関する。

縦軸:平均血糖値(mg/dl)
横軸:HbA1c(%) 
David M. et al. Diabetes Care. 2008より


 
この図からは、平均血糖値が上がると、HbA1cが上昇することが分かります。
 
(同時に、HbA1cと平均血糖値の間にバラつきがある事も分かります。
 
HbA1cが高くとも、平均血糖値はそれほど高くない場合もあるわけですね。)
 
この図では分かりづらいので、書き直すと、大体こんな感じになります。
 
HbA1cと平均血糖値
 
つまり、HbA1cが 1%増減すると、平均血糖値は、30mg/dl 増減します。
 
タイトルの質問である「HbA1c 7.0%の平均血糖値はどのくらい?」の答えは、
約150mg/dl です。

 
→ 平均血糖値 の解説記事
 
→ 参考文献:David M. et al. Translating the A1C assay into estimated average glucose values. Diabetes Care. 2008
 

 
 
 

HbA1cと糖尿病合併症の関係 - HbA1cの高い方は合併症に要注意

 
HbA1cは、過去の1~2カ月の平均血糖値を反映すると説明しました。
 
糖尿病は、血糖値が高くなり、さまざまな合併症をきたす病気です。
 
代表的なものには、三大合併症と言われる網膜症・腎症・神経症と、心筋梗塞・脳梗塞などの動脈硬化による病気です。
 
また、認知症や一部のがんのリスクが増える事が知られています。
 
→ 糖尿病の三大合併症 の記事
 
糖尿病になると、血液の流れる場所は、大体のところが故障しやすくなります。
 
そのため、糖尿病は、全身の臓器が故障する病気と考えると分かりやすいです。
 
ここまでの話から想像すると、
HbA1cが高い = 血糖値が高い = 合併症が増える。 の関係がありそうですね。
 
下の図は、HbA1cと糖尿病三大合併症のリスクを表した図です。
 
(出典は、Diabetes Control and Complications Trial という、
血糖値を正常に近づけると、糖尿病合併症の発症を抑える事ができるのかを検討した海外の臨床研究です。)
 

HbA1cと糖尿病合併症のリスクの関係

Skyler JS.

Endocrinol Metab Clin North Am. 1996より


 
HbA1c 6%の方のリスクを1とすると、HbA1cが上がるにつれて、ぐんぐんとリスクが上がっていきます。
 
(若年の健常者のHbA1c値と血糖値は、
 HbA1cは 5%台、
 食前・食後の血糖値は100mg/dl前後 です。)
 
今回は、三大合併症に焦点を当てましたが、
 
心筋梗塞等の動脈硬化からおきる病気、脳卒中、心不全なども、
 
HbA1cが高ければ高いほど、血糖管理が悪ければ悪いほど増える
ことが報告されています。
 
HbA1cが高いと、糖尿病の合併症が進行しやすくなるんですね。
 
→ 参考文献:Skyler JS. Diabetic complications. The importance of glucose control. Endocrinol Metab Clin North Am. 1996
 
 
 
 

HbA1cの管理目標

 
 

HbA1cのコントロール目標は、7%未満?

 
HbA1cが高くなると、糖尿病合併症が増える事は説明しました。
 
それでは、どの程度まで、HbA1cを下げる = 血糖値を正常に近づけると、
 
糖尿病の合併症の発症を防ぐことができるのでしょうか?
 
これを日本人を対象として調査した研究に「熊本研究」というものがあります。
 
下の図は、その熊本研究の中で、
HbA1cと、糖尿病合併症(網膜症、腎症)の悪化率を調査した結果の一部です。
 

日本人のHbA1cと合併症進展の関係

Ohkubo Y. et al Diabetes Res Clin Pract. 1995 を改変し引用


 
グラフの横軸にHbA1c、縦軸に合併症の悪化率が記載されています。
 
この図からは、HbA1c 7%未満にコントロールすれば、網膜症・腎症の糖尿病合併症の発症を抑制できると考えられます。
 
以上の結果から、
 
日本人のHbA1cのコントロール目標の基準値は、下の図の通り、
 
HbAicのコントロール目標の図

日本糖尿病学会より引用


 
糖尿病合併症予防のための、HbA1cの目標は、HbA1c 7%未満となっています。
 
お気づきの方もみえると思いますが、
血糖正常化を目指す、6%未満の目標があります。
 
実は、様々な臨床研究で、血糖値を厳格にコントロール、つまり、HbA1cを正常に近づければ近づけるほど、
 
細小血管障害(三大合併症)の悪化リスクが低下する可能性が示唆されています。
 
・・・血糖値は、若年健常者と同じ値の方が良いに決まってますよね。
 
ただし、血糖値を正常に近づけようとすると、全体的には生活の管理・指導はより厳しくなります。
 
また、薬剤費など医療費も増えます。
 
さらに、血糖管理の重大な副作用である“低血糖”のリスクが高まってしまいます。
 
→ 参考文献:Ohkubo Y. et al. Kumamoto study Diabetes Res Clin Pract. 1995
 
 

HbA1cが良いからと言って、血糖値が良いとは限らない?!

 
糖尿病歴 15年のタロウさんは、自分の合併症や自覚症状がどんどんと進行していることから、一念発起して、食事療法・運動療法に加えて、
 
クリニックの主治医の先生に薬をどんどん追加してもらいHbA1c 9.0%から、HbA1c 5.6%まで下げる事に成功しました。
 
しかし、最近、食事前には空腹感があり、なんだか眼もかすんで見えます。
 
空腹感があるため、食事を食べすぎてしまい、どんどん太ってきました。
 
彼の体(血糖管理)には何が起こっているのでしょうか・・
 
HbA1cは、過去1~2カ月間の平均血糖値であることを説明しました。
 
しかし、あくまで平均の血糖値であるため、
一日中ずっと、食前・食後が100mg/dlの人も。
食前や夜間は、50mg/dlと低血糖が続き、食後に300mg/dlまで上昇する人も、
平均血糖値は同じになる場合があります。
 

HbA1cは良くても血糖推移が良いとは限らない。

上図は、血糖の日内変動を表します。
二つの線は同じ平均血糖値 106mg/dlです。


 
そのため、HbA1cを下げていったときに、血糖降下薬の使い方が悪い(多くは先生の責任)と、
 
一日のどこかで低血糖を繰り返している可能性があります。
 
今回の例のタロウさんでは、どうやら食前に低血糖を頻発していたようです。
 
そのために、過食になり体重が増えて、頭もぼーとしていたようですね。
 
高齢の糖尿病患者さんでは、糖尿病の薬の使い方が悪いために低血糖を頻発し、
 
時に血糖値が下がりすぎて意識を失い、救急搬送される方もしばしば見かけます。
 
主治医選びは慎重にしましょう。
 
 

高齢者のHbA1cの管理目標 - 低血糖を避けましょう

 
糖尿病の治療は、糖尿病の合併症の発症や進行を抑えるために行います。
 
糖尿病の合併症が進行するには、数年~十数年の歳月が必要です。
 
若い人であれば、しっかりと、血糖値をコントロールすべきと思います。
 
では、高齢者の場合は、どこまで血糖コントロールすべきでしょうか?
 
前回、HbA1cの正常化を目指し、血糖値を下げるにつれて、低血糖のリスクが増していくという説明をしました。
 
特に高齢者が低血糖をおこすと、
 
① 認知症のリスクになる。(6)
② 心筋梗塞や不整脈などを誘発するリスクになる。(7)(8)
③ ぼーとして、転倒してしまい、骨折のリスクになる。(9)
 
など、悪影響は非常に大きくなります。
 
また、高齢者は、若い方と比較して、
 
① 腎臓・肝臓などの代謝機能が低下しており、薬が体に蓄積しやすい。
② 胃腸かぜなどの感染症の時に、食事がとれなくなることが多い。 
 
など、重篤な低血糖になりやすい背景があります。
 
そのため、日本糖尿病学会の高齢の糖尿病の方のHbA1cの管理目標値は下記の通りになっています。
 
高齢糖尿病患者の血糖管理目標
 
・・・この表は非常に分かりにくいですね。
 
分かりやすくポイントを説明すると、
 
高齢者の糖尿病を治療する場合には、
 
① 低血糖は避けましょう。
② なるべく良いコントロールにするのが良いです。ただし、無理は禁物です。
③ 他の病気や余命のことも考えて、治療方針を決めましょう
 
以上になります。
 
 
 
 

HbA1cが平均血糖値と乖離するとき

 
最後に、HbA1cの数値と平均血糖値の値に乖離が生じるときについて説明します。
 
HbA1cは、ヘモグロビンと糖が結合したもののため、ヘモグロビンの寿命に大きく影響を受けます
 
そのため、赤血球が壊されたり、急激に産生される状態では、HbA1cは低くなります。
 
 赤血球が壊れる疾患(例:溶血性疾患)
 新しい赤血球が増える時
(例:貧血から回復した時・輸血時)
 エリスロポエチン治療中の腎性貧血
 肝硬変 など
 
また、ヘモグロビンそのものに異常がある場合にも、異常値になります
 
・異常ヘモグロビン症の一部
 
このような場合は、ご自分で判断せず、主治医の先生とご相談下さい。
 
 
 
 

HbA1cの表記(NGSP値とJDS値)について

 
日本では、HbA1cの表記に、2013年4月から、国際標準値であるNGSP値が使われていますが、以前は、日本独自の値(JDS値)を使用していました。
 
JDS : Japan Diabetes Society
NGSP : National Glycohemoglobin Standardization Program
 
HbA1cのNGSP値とJDS値の差は、臨床上で使用されるHbA1c 5.0%~10.0%の範囲では下記の通りになります。
 
JDS値+0.4=NGSP値
 
過去のHbA1cのデータと比較する際には注意しましょう。
 
 
 
 
以上が、HbA1cの説明になります。
 
なかなか、奥が深いものですね。
 
何か、糖尿病でお困りのことがあれば、当院にご相談下さい。
 
文責・名古屋市名東区の糖尿病内科 アスクレピオス診療院 服部 泰輔
 
オススメ記事
 
1.尿酸が高い・・高尿酸血症ってどんな病気? - 高尿酸血症と痛風の関係
 
2.尿糖(糖尿)って何? ー 尿糖 プラス 1 2 3 4 と糖尿病の関係
 
3.糖尿病予防の解説 - 糖尿病になりやすい人・食事・運動・減量から薬物までのまとめ
 
4.HbA1c 5.6%だと、糖尿病の可能性はどのくらい?

 
 
→ 「糖尿病内科 in 名古屋」の記事一覧
 
糖尿病内科(名古屋市名東区)「アスクレピオス診療院」のホームへ
 


 
記事が良かったと思う方は、
B!を押して応援して頂けると嬉しいです。
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ