アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

高血圧緊急症:血圧180/120㎜Hg以上の時に注意すべき病気|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

高血圧緊急症:血圧180/120㎜Hg以上の時に注意すべき病気

高血圧緊急症:血圧180/120㎜Hg以上の時に注意すべき病気|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

高血圧緊急症:血圧180/120㎜Hg以上の時に注意すべき病気

公開日: 2021年9月28日

最終更新日: 2021年10月18日

 
高血圧緊急症
 
「質問」 
 
血圧が急上昇し、180/120㎜Hg以上と非常に高いのですが、放置しても大丈夫でしょうか?
 
「回答」
 
血圧が180/120mmHg以上と著しく高い場合は、安静にして、約5分待ってから、再度、正しい方法で血圧測定をして下さい。
 
(*血圧の再測定の前に、血圧の測定が正しく行えているかを確認して下さい。
 
血圧測定の結果が実際の血圧よりも高くなる場合があります。(例:血圧測定のカフが小さすぎる、手首式の血圧計で上手く手首の動脈を圧迫できていない場合など))
 
→ 正しい血圧測定の方法の記事
 
再測定しても、血圧が著しく上昇している場合(多くは180/120mmHg以上)には、高血圧緊急症と呼ばれる重篤な病気の可能性があります。
 
高血圧緊急症とは、単に血圧が異常に高いだけではなく、血圧の著しい上昇(多くは 180/120mmHg 以上)によって、脳、心臓、腎臓などの全身の臓器が壊れてしまう重篤な病気です。
 
すぐに治療しないと、生命に関わることもあります。
 
高血圧緊急症の原因としては、次のものが挙げられます。

  • 降圧薬の飲み忘れ
  • 脳卒中(脳出血・クモ膜下出血・脳梗塞など)
  • 心筋梗塞
  • 大動脈解離(大動脈の壁が裂ける)
  • 大動脈瘤の破裂
  • 心不全
  • 腎不全
  • 薬の副作用
  • 妊娠中のけいれん(子癇)
  • ホルモン異常(褐色細胞腫)

 
 
また、生命を脅かす危険のある高血圧緊急症の兆候と症状には、次のものがあります。

  • 激しい胸の痛み
  • 呼吸困難
  • しびれや脱力感
  • 激しい頭痛
  • 視力の異常
  • 吐き気と嘔吐
  • 重度の不安
  • 意識障害

 
 
著しい高血圧とともに、上記の症状を認めた場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。
 
高血圧緊急症の血圧管理のために、入院が必要となることもあります。
 
これといった症状がなく、血圧がただ高いだけの人は、入院を必要とすることは滅多にありません。
 
ですが、血圧が高い状態をそのまま放置すると、脳卒中、心疾患、腎不全などの重篤な病気のリスクとなるため、医療機関に受診し、医師に相談しましょう。
 
 
 
以上です。
 
アスクレピオス診療院では、糖尿病や高血圧の生活習慣病の専門家が治療に当たっています。
 
高血圧のことでお困りなら、当院にご相談ください。
 
 
 
参考
 
ADA. Hypertensive Crisis: When You Should Call 911 for High Blood Pressure 他
 
 
 
糖尿病内科 アスクレピオス診療院(名古屋名東区)のホームはこちら
 
 
 
→ 「糖尿病内科 in 名古屋」のブログ記事一覧
 
 
 
関連記事
 
高血圧の原因とは
 
高血圧の症状の解説
 
高血圧の症状 – めまいと血圧の関係とは
 
高血圧の症状 – 頭痛と血圧の関係とは
 
マスクと高血圧の関係とは
 
 
 


 
文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ