アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

マスクと高血圧の関係とは

マスクと高血圧の関係とは

公開日: 2021年9月22日

最終更新日: 2021年10月14日

 
 
マスクと高血圧
 
 
新型コロナウイルスによって、人々の生活様式は大きく変化し、マスクを着用して生活することが日常化しました。
 
マスクの常時着用は、血圧を上昇させたり、高血圧を発症させるリスクとなるのでしょうか?
 
マスク着用と高血圧の関係について、これまでの論文や症例報告を検索しましたが、マスクを常時着用することで、血圧が高くなる、高血圧を発症しやすくなるなどの健康被害の報告は認められませんでした。
 
実体験に即してみても、マスクの常時着用が健康被害を及ぼすとは考えにくいです。
 
マスクを常時つける職業と言えば、医療従事者が代表的です。
 
多くの医療従事者は、勤務中はいつも、サージカルマスクを装着していますが、マスクによって健康被害を受けたという話は聞きません。
 
次に、マスクをつけて血圧測定すると、普段よりも血圧が高くなると言われる方もみえると思いますが、これはなぜでしょうか?
 
マスクをつける習慣がなかった人は、マスクを装着することで、違和感やストレスを覚えることがあります。
 
このような違和感やストレスは、心拍数を上げたり、血圧を上昇させる場合があります。
 
血圧が普段より高くでている場合には、安静にして、リラックスしながら、血圧を数回測定してみましょう。
 
マスクは、健康な成人では、低酸素症のリスクにはならず、血圧上昇の健康被害の報告はありません。
 
心臓や肺に重篤な病気をお持ちの方は、主治医の先生と相談しましょう。
 
 
 
糖尿病内科 アスクレピオス診療院(名古屋名東区)のホームはこちら
 
 
 
→ 「糖尿病内科 in 名古屋」のブログ記事一覧
 
 
 
関連記事
 
正しい血圧測定の方法の解説 - 家庭で血圧を測定する際の注意点とは
 
高血圧症って、どんな病気? ー 誰にでも分かる高血圧症入門
 
高血圧症のタイプ 本態性高血圧と二次性高血圧とは?
 
原発性アルドステロン症とは
 
 
 


 
文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ