アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

日本人の9人に1人は糖尿病!? ー 日本と世界の糖尿病人口

日本人の9人に1人は糖尿病!? ー 日本と世界の糖尿病人口

公開日: 2019年9月28日

最終更新日: 2019年11月19日

世界の糖尿病患者数
 
 
糖尿病は、健康診断などで早期発見に努めています。
 
ところで、日本人のどのくらいの方が、糖尿病に罹患しているのでしょうか?
 
厚生労働省が行った「平成28年国民健康・栄養調査」では、
 
糖尿病が強く疑われる人は、約1000万人
 
糖尿病の可能性が否定できない人は、約1000万人
 
と推定しています。
 
日本人の成人のうち、約12%、つまり、8~9人に1人が糖尿病を患っている計算です。
 
糖尿病が強く疑われる人の割合を性・年齢階級別でみると、
 
男性では40歳以上、女性では50歳以上の中高齢の年代から、急に増える傾向があり、
 
年を取るにつれて、糖尿病の方の割合は増えていきます。
 
年を取ると、体のあちこちの調子が悪くなりますので、糖尿病もその一つと言えますね。
 
国際糖尿病連合(IDF)によると、2017年の世界の糖尿病の方の人数は約4億2500万人とされており、日本を含む西太平洋地域は、1億5900万人と最も多くなっています。
 
そして、将来、2045年には、世界の糖尿病患者さんの人数は6.3億万人にまで増加する見込みです。
 
参考:IDFホームページへのリンク
 
非常に多いですね、この人数は。
 
糖尿病は日本人のみならず、世界の人々にとってもメジャー病気です。
 
そして、これからも増え続けていきそうです。
 
糖尿病は、自覚症状に乏しいのですが、放置すると、合併症をきたし、日々の生活が損なわれます。
 
早期発見、早期治療に取り組みましょう。
 
文責・名古屋市名東区の糖尿病内科 アスクレピオス診療院 服部 泰輔
 
 
参考文献:平成28年「国民健康・栄養調査」
 
参考文献
 
(1)アメリカ合衆国の成人における糖尿病の有病率と傾向、
(2)1980年以降の空腹時血漿グルコースと糖尿病の有病率における全国的、地域的、および世界的な傾向:370の国年および270万人の参加者による健康診断調査および疫学研究の体系的分析。
(3)糖尿病の全世界的な予防活動:行動と情報。
(4)1990年から2013年までの188か国で、301の急性および慢性疾患と負傷について、世界、地域、および国の発生率、有病率、および障害年数:2013年の世界疾病負担の体系的分析。
(5)日本糖尿病学会の糖尿病患者向けの新しい血糖ターゲット。
(6)日本における小児期発症1型糖尿病の発生率と有病率:T1D研究。
(7)出生時体重と2型糖尿病および血糖特性との関連:メンデルの無作為化研究。
(8)遊離糖、果糖、およびショ糖の高摂取は、日本人男性の体重増加と関連する。
(9)
 
 
オススメ記事
 
尿糖(糖尿)って何? ー 尿糖 プラス 1 2 3 4 と糖尿病の関係
 
1型糖尿病の疫学(日本と世界の有病率・発症率・リスク因子(遺伝等))の解説
 
 
→ 「糖尿病内科 in 名古屋」の記事一覧
 
名古屋糖尿病内科「アスクレピオス診療院」のホームへ
 
 


 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ