アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

当院の新型コロナウイルスへの感染対策について(咳・発熱等の症状がある方の受診制限のお知らせ)

当院の新型コロナウイルスへの感染対策について(咳・発熱等の症状がある方の受診制限のお知らせ)

公開日: 2020年4月14日

最終更新日: 2020年4月15日

 
日本国内の新型コロナウイルス感染症は徐々に拡大しつつあり、2020年4月には、愛知県でも緊急事態宣言が発令されました。
 
当院は、糖尿病等の生活習慣病の専門クリニックです。
 
当院の外来には、新型コロナウイルス感染により、重症化する恐れのある方が多数通院されております。
 
当院では、新型コロナウイルス対策として、糖尿病などの生活習慣病の方への感染リスクを低減するために、咳・発熱・筋肉痛などの感染症の症状のある方の外来受診は制限させていただくことになりました。
 
また、同時に、当院は予約優先制のクリニックのため、外来の患者さん同士の接触は最小限になるように配慮しています。
 
健康診断の異常の精査や、糖尿病などの生活習慣病の相談、感染症以外の一般外来については、平常通り行います。
 
当院に通院されている方につきましては、咳・発熱・筋肉痛等の症状を認めた場合には、外来受診前に電話でご相談下さい。
 
(待合室での患者さん同士の濃厚接触を避けるために、診療時間外に診察枠を設けて、診察させて頂きます。)
 
 

新型コロナウイルス(COVID-19)への感染対策

ウイルスとの接触を避けて、患者さんを守るイメージ


 
 
世の中には、コロナウイルスに感染するリスクの低い医療機関に受診したいと考えている方もみえると思います。
 
個人的な意見ですが、日本国内のすべての医療機関を平等にウイルスの汚染区域にする必要はなく、

  • 郊外・公園等にプレハブを建てて、発熱外来を設置する。
  • 発熱者がかかる病院やクリニックを決める。

 
などを行い、感染リスクの高い汚染区域と、感染リスクの低い安全区域に分けて診療すべきでしょう。
 
 
 
 
オススメ記事・関連情報
 
 
風邪予防の秘訣とは - 新型コロナウイルス感染が気になる方へ
 
糖尿病になると感染症になりやすい - HbA1cと感染症リスクの関係を含めた解説
 
 
名古屋名東区の糖尿病内科クリニック アスクレピオス診療院のホームはこちら
 
 
 


 
 
文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ