アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

糖尿病とがん|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

糖尿病とがん

糖尿病とがん|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

糖尿病とがん

公開日: 2019年5月1日

最終更新日: 2021年9月22日

 
糖尿病は、インスリンの作用不足により、高血糖をきたす疾患であり、糖尿病は、さまざまな病気の発症に関係していることが知られています。
 
糖尿病による高血糖は、全身の血管を通じて、眼、心臓、腎臓、神経などの体のいたる所に様々な臓器に損傷を与えます。
 
近年、糖尿病の方は、がんを発症する確率が上昇することが報告されました。
 
がんには、様々な種類があります。
 
糖尿病によって、肝臓、膵臓、子宮、結腸、乳房、膀胱などの部位のがんのリスクが高まります。
 
糖尿病ががんのリスクを高めるメカニズムの一つとして、2019年に、高血糖によって、細胞のDNAが損傷され、DNA修復を阻害する可能性があることが報告されました。
 
健常者と比較して、糖尿病で血糖コントロールが不良の場合には、糖尿病患者のDNAはより多く損傷され、修復力が低下します。
 
その結果として、糖尿病の方は、がん発症のリスクが高くなります。
 
糖尿病の方が、糖尿病で良い血糖コントロールを保ちつつ、がんリスクを下げるためには、健康的でバランスの取れた食事をとることが必要です。
 
野菜、果物などを十分に摂取し、定期的な運動をすることは、血糖値と体重管理に役立ちます。
 
(肥満もいくつかのがんの発生リスクを高めます。)
 
同時に、アルコールの飲みすぎや、喫煙はがんのリスクを高めるため、適度な飲酒と、なるべく禁煙しましょう。

 
 
名古屋糖尿病内科
 
 
オススメ記事・関連情報
 
 
糖尿病の自覚症状の解説 - 足のしびれや痩せてきたのは糖尿病の初期症状?
 
糖尿病と膵臓がん
 
糖尿病と大腸がん
 
糖尿病と肝がん
 
糖尿病と乳がん
 
糖尿病と肺がん
 
糖尿病と膀胱がん
 
糖尿病と前立腺がん
 
糖尿病と血液がん
 
 
 
名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院のホームはこちら
 
 
 


 
 
文責・名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ