アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

糖尿病とコーヒーの関係とは

糖尿病とコーヒーの関係とは

公開日: 2019年5月1日

最終更新日: 2020年12月29日

 
今日は、糖尿病とコーヒーの関係について解説します。
 
コーヒーは、日本人の食生活に欠かせない嗜好品です。
 
日本人の一年間のコーヒーの消費量は、1人当たり3.59kgと報告されており、EU(5.25kg)、米国(4.99kg)よりもやや少ない消費量となっています。
 
いつくかの研究によると、コーヒーを飲む習慣は、2型糖尿病の発症を抑制することが報告されています。
 
しかし、すでに糖尿病に罹患されている方では、コーヒーを飲むことによって、血糖値が上昇したり、低下したりする可能性が報告されています。

 
コーヒーの血糖コントロールに与える作用は、コーヒーに含まれているカフェインの影響と考えられています。
 
カフェインの影響は、人により異なる点に注意が必要です。
 
2018年の研究によると、遺伝(体質)がカフェインの代謝に影響を及ぼしていることが、コーヒーの血糖コントロールへの影響の違いを生み出している可能性があるとのことです。
 
糖尿病を患っている方が、コーヒーを飲む場合には、コーヒーに砂糖やミルクを入れると血糖コントロールを悪化させる可能性があるため、できるだけ、ブラックコーヒーの形で飲みましょう。
 
緑茶とコーヒーのどちらにも2型糖尿病の予防効果を認めます。
 
糖尿病の家族歴があるなど、将来的に糖尿病を発症するリスクが高い方は、水を飲むよりも、緑茶かコーヒーを飲んだ方が良いかもしれませんね。
 
 
糖尿病とコーヒー
 
 
オススメ記事・関連情報
 
 
糖尿病の自覚症状の解説 - 足のしびれや痩せてきたのは糖尿病の初期症状?
 
アルコールの糖尿病への影響とは?
 
糖尿病に緑茶が良いって本当?
 
 
 
名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院のトップページはこちら
 
 
 


 
 
文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ