アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

全粒穀物は糖尿病に良いって本当?|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

全粒穀物は糖尿病に良いって本当?

全粒穀物は糖尿病に良いって本当?|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

全粒穀物は糖尿病に良いって本当?

公開日: 2019年5月1日

最終更新日: 2021年9月22日

 
糖尿病は、体質(遺伝素因)と、食習慣や運動習慣などの生活習慣(環境素因)が、互いに影響することで発症する病気です。
 
糖尿病の発症に大きな役割を果たす食生活ですが、近年、欧州8カ国で行われた栄養とがんリスクの調査研究より、ビタミンC、カロテノイド、全粒穀物の摂取量が多いほど、2型糖尿病のリスクが減少することが報告されました。
 
全粒穀物とは、精白などの処理で、種皮、胚といった部位を除去していない穀物やその製品のことです。
 
例としては、玄米やふすまを取っていない麦が挙げられます。
 
これらの食品には、精白したものよりも、食物繊維やビタミンB群、鉄分をはじめとしたミネラルが多い特徴があります。
 
糖尿病の予防のためには、野菜、果物、全粒穀物を積極的に食べるのが良さそうですね。

 
 
全粒粉パン
 
 
オススメ記事・関連情報
 
 
糖尿病の自覚症状の解説 - 足のしびれや痩せてきたのは糖尿病の初期症状?
 
糖尿病に緑茶が良いって本当?
 
糖尿病とコーヒーの関係とは
 
アルコールの糖尿病への影響とは?
 
 
 
名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院のホームはこちら
 
 
 


 
 
文責・名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ