アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

インフルエンザと風邪(感冒)を見分ける方法

インフルエンザと風邪(感冒)を見分ける方法

公開日: 2019年11月19日

最終更新日: 2019年12月13日

 
今年も徐々に寒くなりつつあり、インフルエンザや風邪をひくことの多いシーズンになりました。
 
ところで、インフルエンザと風邪って、どうやって見分ければよいのでしょうか?
 
そんな疑問を解決する一助になれば幸いです。
 
インフルエンザと風邪を鑑別するには?
 
「質問」
 
インフルエンザと一般の風邪(ウイルス性・胃腸かぜは除く)は、どうすれば見分けられますか?
 
「答え」
 
インフルエンザと風邪を、臨床症状から見分けるのは困難です。
 
インフルエンザと風邪は、どちらもウイルス(風邪のウイルス:ライノウイルス、アデノウイルスなど)によって引き起こされる呼吸器感染症です。
 
そのため、両者ともよく似た症状をきたします。
 
強いて違いをあげるのであれば、

  • 一般的にインフルエンザは、風邪よりも、発熱・咳などの症状は激しい。
  • 風邪は、鼻水や鼻づまりを起こしやすい
  • 風邪は一般に、肺炎、細菌感染などの重症化しづらい。インフルエンザには、非常に深刻な合併症が伴う場合がある。
  • 風邪では、悪心・嘔吐は認めないが、インフルエンザでは認めることがある。

 
以上になります。
 
風邪とインフルエンザを鑑別する場合には、インフルエンザウイルスの抗原検査を行うのが確実です。
 
参考:CDC(外部リンク)参照 (1)
 
 
ウイルス性の風邪は、インフルエンザよりも、症状が軽症という事が分かりました。
 
しかし、上気道の感染症の原因が、ウイルスではなく、溶連菌などの細菌の場合には、症状が重篤化する恐れがあります。
 
経験上、若年成人では、重症の感染症でも、全身状態が悪くなりづらいため、問診や身体診察で見分けられないことが多々あります。
 
(本人の自覚症状の訴えでは、人により我慢強さが違うため、参考になりづらいです。)
 
当院に、咳・喉の痛み・発熱などの上気道症状で、休日に外来受診される人に血液検査をすると、細菌と戦う白血球や炎症反応(CRP)が高い方が多く、細菌感染症が疑われる人が多くみえる印象です。
 
もし、全身倦怠感などの自覚症状が強い場合には、無理せずに外来受診することをお勧めします。
 
のどの痛みや咳などの風邪の原因は、ウイルスが9割とされていますが、風邪になった多くの人は、外来に受診せず、自然に治癒しているのでしょうね。
 
 
→ 「糖尿病内科 in 名古屋」の記事一覧
 
 
オススメ記事・関連情報
 
インフルエンザとは – 症状(発熱、咳、頭痛等)、流行る時期、うつり方などの解説
 
インフルエンザは内科と耳鼻科のどっちに受診すべきですか?
 
インフルエンザワクチンの予防接種を2回すると効果は増すの?
 
糖尿病予防の解説 - 糖尿病になりやすい人・食事・運動・減量から薬物までのまとめ
 
 
 
糖尿病内科クリニック(名古屋の名東区)「アスクレピオス診療院」のトップへ
 
 

 

文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ