アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

インフルエンザは内科と耳鼻科のどちらに受診すべきですか?

インフルエンザは内科と耳鼻科のどちらに受診すべきですか?

公開日: 2019年11月28日

最終更新日: 2019年12月13日

 
寒気日増しにつのり、インフルエンザのシーズンが近づいて来ました。
 
インフルエンザは、冬季に流行する発熱、咳、頭痛、関節痛、筋肉痛、時に悪心・下痢を伴うウイルス性の感染症です。
 
この時期に発熱や咳を認めると、家族・学校・職場から、医療機関に受診するように促されます。
 
ところで、インフルエンザは、内科と耳鼻科のどちらに受診すべきなのでしょうか?
 
そんな疑問にお答えします。
 
 
インフルエンザは内科、耳鼻科のどちらに受診すべき?
 
 
「質問」
 
インフルエンザは、内科と耳鼻科のどちらに受診すべきなのでしょうか?
 
 
「解答」
 
インフルエンザは、内科に受診した方が良い病気です。
 
理由は、インフルエンザで問題となる合併症が、全身に生じる内科疾患だからです。
 
インフルエンザは、ウイルス感染であり、無投薬でも、数日間で自然治癒する病気です。
 
しかし、インフルエンザは、全員すみやかに治るわけではなく、人によっては、重篤な合併症をきたします。
 
毎年、インフルエンザが流行すると死亡者がでますが、それは、インフルエンザの合併症が一因です。
 
インフルエンザの合併症には、肺炎が多いのですが、他にもさまざまな疾患をきたすことが報告されています。(1)
 
 

インフルエンザの合併症

  • 肺炎(ウイルス性・細菌性)
  • インフルエンザ脳症
  • 心疾患(心筋炎、心不全)
  • 腎疾患(急性腎不全)
  • 肝障害
  • ギランバレー症候群
  • ライ症候群
  • 糖尿病、喘息の慢性疾患の悪化

 
 
上記の理由から、インフルエンザにより、入院になった場合には、耳鼻科入院ではなく、内科入院になります。
 
 
インフルエンザの合併症を生じるリスクが高い人は、特に、内科(小児科)へ受診した方が良いと考えます。(2)(3)
 
 

インフルエンザの合併症をきたすリスクが高い人

  • 5歳未満の小児
  • 65歳以上の高齢者
  • 特定の慢性疾患のある人(喘息・COPDなどの呼吸器疾患・糖尿病・心臓病・腎不全など)
  • 免疫力の低下した人(例:がん患者や免疫抑制剤使用中の人)
  • 産後2週間までの妊娠中の女性
  • 高度肥満者

 
 
耳鼻科では、咽頭は診察しますが、胸腹部の聴診などの全身診察は不得手です。
 
 
以上から、インフルエンザかなと思ったら、内科に受診しましょう。
 
 
(インフルエンザの初期治療は、総合病院ではなく、内科クリニックに受診しましょう。
 
当院は、土曜・日曜にも診療しております。
土日にインフルエンザを疑った方は当院へどうぞ。)
 
 
 
 
インフルエンザについて詳しく知りたい方はこちら
 
 
→ インフルエンザとは – 症状(熱、咳、頭痛等)、流行る時期、潜伏期間、検査、治療などの解説
 
→ インフルエンザと風邪(感冒)を見分ける方法
 
インフルエンザワクチンの予防接種を2回すると効果は増すの?
 
 
 
糖尿病内科クリニック(名古屋市名東区)「アスクレピオス診療院」のトップへ
 
 
 


 
 

文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ