アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

体温計のおすすめ - 当院で非接触式ではなく、腋窩式を使用する理由

体温計のおすすめ - 当院で非接触式ではなく、腋窩式を使用する理由

公開日: 2019年11月30日

最終更新日: 2019年12月2日

 
インフルエンザになったり、風邪などをひいたときには、体温を測定する機会があると思います。
 
体温を測定するには、体温計を用います。
 
体温計には、いろいろな種類が販売されていますが、当院では、腋窩式体温計のテルモ電子体温計 C205 を採用しています。
 
→ テルモC205 体温計プレスリリース(外部リンク)
 
今回は、当院では、なぜ、非接触式体温計を使用せず、接触式体温計を採用しているのか、その理由を解説します。
 
 

体温計 おすすめ
 
 

 
 
 
 

市販されている体温計の種類

 
市販されている体温計の種類としては、次のものがあります。

  • 接触式体温計  ・・・ 腋窩(わきの下)、直腸、口腔
  • 非接触式体温計 ・・・ おでこ(皮膚)、耳(鼓膜)

 
接触式体温計は、直接、プローブを温度を測定したい部位に接触させて、体温を測定します。
 
非接触式体温計は、皮膚表面の赤外線量を測定し、外気温に応じて補正することで、体温を推定しているようです。
 
→ でこピッと(UT-701)の原理説明(外部リンク)
 

また、測定方法としては、次の二つに分けられます。

  • 実測式
  • 予測式

 
実測式は、接触式体温計が、皮膚の温度と同じになるまで待ってから測定します。
 
実測式体温計の検温時間は、体温を測定する部位によって異なっています。
 
最低でも、5分以上検温時間に必要なため、とても時間がかかります。
 
予測式は、検温開始後の温度の上昇スピードなどのデータから、体温を推定します。
 
非接触式体温計も、赤外線量などから体温を推定しているため、こちらに分類されます。
 
→ 実測式・予測式体温計の説明(外部リンク)
 
 
 
 

医療機関で求められる性能

 
医療機関で求められる性能で最も大切なのは、精度と再現性です。
 
精度とは、どのくらい正確なのか?
 
再現性は、何度測定しても、同じ結果がでるのか? 
 
という事です。
 
精度で言うと、接触式・実測式 > 接触式・予測式 になります。
 
非接触式体温計には、精度について、実臨床で使用する場合には、重大な問題があります。
 
簡単に言うと、おでこを温度を測定する前に、真冬で外気が零度以下の環境で歩いていた場合には、皮膚表面温度は低下します。
 
その状態で測定して、果たして、正しい温度が測定できるのでしょうか?
 
耳の鼓膜の温度計を用いる場合には、まず、耳の中に耳垢が溜まっていない事を確認しなければなりません。
 
さらに、自分でも非接触式の温度計を購入してみたのですが、再現性が全くありません。
 
手技による計測差が非常に大きい印象です。
 
以上より、非接触式の体温測定は、医療機関で必要とされる精度と再現性が担保できません。
 
→ 体温測定に関する基礎的研究(1)原理の異なる3種類の体温計を使用した測定値の比較 の論文
 
(*推測ですが、空港などでサーモメータート等で体温を測定しているのは、次の理由だと思います。
 
1.空調が整備されている環境のため、外気の影響を受けづらい。
 
2.接触式体温計を使用すると、未知の感染症のリスクがある。
 
3.高く発熱している人をスクリーニングするのが目的である  )
 
 
 
 

それぞれの体温計を用いた時のリスク

 
非接触式体温計は、衛生面については、メリットがあります。
 
一方で、接触式体温計は、接触感染を生じるデメリットがあります。
 
そのため、医療用の接触式体温計は、エタノール消毒できるようになっています。
 
 
 
 
以上が、当院が腋窩式体温計のテルモ電子体温計 C205を採用している理由です。
 
医療機関で非接触式体温計を使用する場合には、乳幼児などの安静が保てない人のみに適応が限られるでしょう。
 
 
インフルエンザについて詳しく知りたい方はこちら
 
 
→ インフルエンザとは – 症状(熱、咳、頭痛等)、流行る時期、潜伏期間、検査、治療などの解説
 
→ インフルエンザと風邪(感冒)を見分ける方法
 
→ インフルエンザは内科と耳鼻科のどちらに受診すべきですか?
 

 
糖尿病内科クリニック(名古屋市名東区)「アスクレピオス診療院」のトップへ
 
 


 
 

文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ