アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

糖尿病が急激に悪化した時に考えられること|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

糖尿病が急激に悪化した時に考えられること

糖尿病が急激に悪化した時に考えられること|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

糖尿病が急激に悪化した時に考えられること

公開日: 2019年5月1日

最終更新日: 2021年9月22日

 
「糖尿病が急激に悪化した時に考えられる事とは?」
 
去年までの健康診断のHbA1cが7%前後であったのにも関わらず、最近受けた健康診断で、HbA1c 10%以上と糖尿病が非常に悪化していることを指摘され、慌てて外来に受診される方はよくみえます。
 
このように血糖コントロールが急激に悪化する原因には、様々な原因が考えられますが、次のような事を契機にしていることが一般的です。

  • 砂糖の多量に入った清涼飲料水の多飲
  • 暴飲暴食
  • 膵癌などの悪性腫瘍
  • 激しいストレスや感染症
  • 1型糖尿病の新規発症

 
この中で、清涼飲料水の多飲によって生じる高血糖は、ペットボトル症候群(正確には、ソフトドリンクケトーシス)と呼ばれています。
 
糖尿病はインスリンの作用不足により、高血糖をきたす病気です。
 
一般的には、糖尿病を発症した時点で、すでに、健常者の半分程度にインスリンを分泌する力が低下していると言われています。
 
糖尿病の初期の方が、多量の砂糖を含む清涼飲料水を1日数L摂取すると、膵臓に大きな負担がかかり、血糖値は著しく高くなります。
 
血糖値が著しく高くなると、尿中に排泄される糖分(グルコース)が増えて、尿量が増えて、ますます、喉が渇き、清涼飲料水を飲んでしまいます。
 
血糖値が高くなり、大きな負荷がかかっても、インスリンを分泌している膵臓は痛みを認めませんが、糖毒性という状態となります。
 
糖毒性をきたすと、自分の体から分泌できるインスリンが少なくなる上に、インスリンが効きにくくなります。
 
以上から、糖尿病の方が、清涼飲料水を多量に摂取すると、血糖が著しく高くなります。
 
血糖値が高くなると、尿量が増えて、口が渇き、さらに清涼飲料水を飲んでしまい、さらに血糖が上がってしまう悪循環に陥ることがあります。
 
健康診断で高血糖を指摘されたとき、血糖値がなかなか下がらないときには、お早めにご相談下さい。

 
 
名古屋糖尿病内科
 
 
オススメ記事・関連情報
 
 
糖尿病の自覚症状の解説 - 足のしびれや痩せてきたのは糖尿病の初期症状?
 
隠れ糖尿病のセルフチェック - 予防・早期発見に必要な検査(血糖値・尿)などの項目を含めた解説
 
健康診断の要精密検査(要精査・D2判定)を放置するとどうなるの?
 
 
 
名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院のホームはこちら
 
 
 


 
 
文責・名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生
 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ