アスクレピオス診療院のWeb予約
WEB予約 電話

体重が増える薬と体重が減る薬には何がある?|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

体重が増える薬と体重が減る薬には何がある?

体重が増える薬と体重が減る薬には何がある?|名古屋糖尿病内科 アスクレピオス診療院|名東区の糖尿病専門医

体重が増える薬と体重が減る薬には何がある?

公開日: 2019年12月10日

最終更新日: 2021年9月22日

 
臨床で使用する薬には、体重増加をきたす薬と、体重減少をきたす薬があります。
 
肥満のある糖尿病患者さんの治療では、体重が増える薬はなるべく避けて、体重を減らす薬の使用が望まれます。
 
今回は、体重増加をきたす薬、体重減少をきたす薬を紹介します。
 
体重の増減した値は、臨床研究をまとめた平均値になります。
 
薬の効果には、個体差があり、投薬により、実際に体重が変化するかどうかは、人それぞれです。
 
また、臨床研究をまとめたデータのため、薬を投薬した期間も、薬によって異なります。
 
体重変化の目安として頂けると幸いです。
 
 
太る薬・痩せる薬の一覧
 
 

 
 
 
 

非定型抗精神病薬

 
このタイプの薬は、体重が増えることが多いです。

  • オランザピン(製品例:ジプレキサ) +2.4kg
  • クエチアピン(製品例:セロクエル) +1.1kg
  • リスペリドン(製品例:リスパダール) +0.8kg
  • アリピプラゾール(製品例:エビリファイ) +0.6kg

 
 
 
 

抗けいれん薬・抗不安薬

 
糖尿病の神経障害による疼痛管理にガバペンチンやカルバマゼピンを使用することがあります。
 

  • ガバペンチン(製品例:ガバペン) +2.2kg
  • カルバマゼピン +1.0kg
  • ゾニサミド -7.7kg
  • トピラマート(製品名:トピナ) -3.8kg
  • リチウム 有意な体重増減なし
  • ラモトリギン(製品例:ラミクタール)有意な体重増減なし

 
 
 
 

血糖降下薬

 
血糖降下薬で体重が増加する薬は、スルホニル尿素薬、ピオグリタゾン、グリニド製剤です。
 
インスリン分泌を促したり、脂質を蓄積する作用をもつ薬は、体重が増加します。

  • トルブタミド(製品例:ヘキストラスチノン) +2.8kg
  • ピオグリタゾン(製品名:アクトス) +2.6kg
  • グリメピリド(製品例:アマリール) +2.1kg
  • グリクラジド(製品例:グリミクロン) +1.8kg
  • グリプリド(製品例:ダオニール)  +2.6kg
  • シタグリプチン(製品例:ジャヌビア) +0.55kg
  • ナテグリニド(製品例:ファスティック) +0.3kg

 
→ グリメピリド(先発品 アマリール)とは - 作用機序・作用時間・薬価・低血糖などの副作用を含めた解説
 
→ ピオグリタゾン(先発品 アクトス)とは - 作用機序、薬価、副作用(心不全、浮腫、膀胱がん)を含めた解説
 

血糖降下薬で体重が減少する薬は、メトホルミン、αグルコシダーゼ阻害薬、GLP-1受容体作動薬になります。
 
ただし、欧米人のデータのため、日本人でも同等の効果が得られるかは調査が必要になります。

  • メトホルミン(製品例:メトグルコ) -1.1kg
  • アカルボース(製品例:グルコバイ) -0.4kg
  • ミグリトール(製品例:セイブル) -0.7kg
  • プラムリンチド(日本未発売) -2.3kg
  • リラグルチド(製品例:ビクトーザ) -1.7kg
  • エクセナチド(製品例:バイエッタ) -1.2kg

 
→ メトグルコ(メトホルミン) - 体重減少作用(痩せる効果)のある糖尿病の薬 の記事
 
→ GLP-1のダイエット(体重減少)効果とは リバウンドを含めた解説 の記事
 
 
 
 

ホルモン製剤

 
体重増加が懸念されるホルモン製剤は、グルココルチコイドになります。
 
グルココルチコイド(商品名:プレドニン)では、関節リウマチ患者に使用した場合に4~8%の体重増加をしたことが報告されています。
 
 
 
 

抗うつ薬

 
抗うつ薬には、体重増加をきたすものと、体重減少を生じるものがあります。
 
一部の抗うつ薬には体重増加だけでなく、糖尿病を惹起するもののあるため、注意が必要です。

  • アミトリプチン(商品名 トリプタノール) +1.8kg
  • ミルタザピン(商品名 リフレックス) +1.5kg
  • ブプロピオン(日本未発売) -1.3kg
  • フルオキセチン(日本未発売) -1.3kg

 
 
 
 
以上が、体重の増減させる薬の一覧になります。
 
皆さんの参考になれば幸いです。
 
 
参考文献
Domecq JP et al. Clinical review: Drugs commonly associated with weight change: a systematic review and meta-analysis. J Clin Endocrinol Metab. 2015 
 
 
関連情報
 
マジンドール(サノレックス)とは 効果(体重減少)・適応・副作用を含めた解説
 
 
 
名古屋糖尿病内科クリニック「アスクレピオス診療院」のホームへ
 

 

文責・名古屋市名東区 糖尿病内科 アスクレピオス診療院 糖尿病専門医 服部 泰輔 先生

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ